ソネディックス、岩手県において太陽光発電(32.9MW)の操業運転開始

Posted by

東京、日本‐岩手県宮古市と山田町にまたがる場所に位置する、岩手宮古メガソーラー発電所(32.9MW)が、2020年6月3日より操業運転を開始しました。これは、ソネディックス・ジャパン株式会社が、ソネディックスグループの投資を受けて開発し、プロジェクトファイナンスで融資を調達した案件で、国内で今年操業を開始した2つ目の大規模太陽光発電事業です。これにより、ソネディックス・グループの日本国内における稼働済みの発電所の合計発電容量は133MWになりました。今年後半にはさらに83MWの発電容量が追加される予定です。

当該発電所は初年度の稼働において39,500MWhのクリーンエネルギーを生産すると見込まれています。これは、約13,200世帯への電力供給と、年間約19,200トンの二酸化炭素の排出の回避に相当します。太陽光発電所で発電された電力は20年間にわたる電力販売契約(PPA)を通して東北電力に販売されます。

当該太陽光発電所は、大和ハウスが建設し、ハンファQセルズ製340Wpモジュール及びファーウェイ製33kWストリングインバーターを使用しています。

ソネディックスグループのCEOであるアクセル・ティーマンは、次の通り述べています。岩手宮古メガソーラー発電所の操業開始は、ソネディックスにとって国内での成長と拡大戦略を統合する上で大きな節目であり、日本の太陽光市場の主要プレーヤーの一つとして私たちを位置付けることになります。

ソネディックス・ジャパン株式会社は、ソネディックスグループの投資を受けて、現在133MWの稼働済み発電容量を管理するほか、建設中及び開発中の380MWの発電容量の太陽光発電事業を管理しています。

 

ソネディックスについて

ソネディックス・パワー・ホールディングス・リミテッド(以下、子会社を含め「ソネディックス」といいます。)は、独立系太陽光発電事業者であり、コストパフォーマンスに優れた高性能の太陽光発電所を提供しています。ソネディックスは、全世界において太陽光発電所を開発、建設、所有、運営しており、950MW以上の稼働中の太陽光発電所を保有する他、イタリア、フランス、スペイン、米国/プエルトリコ、チリ、南アフリカ、そして日本に、数百MWの太陽光発電所を開発中です。詳しくはwww.sonnedix.comまで。

 

ソネディックス・ジャパン株式会社について

ソネディックス・ジャパンは大規模太陽光発電事業の開発、管理、運営会社であり、ソネディックスの日本におけるパートナーです。詳しくはwww.sonnedix.jpまで。]

ソネディックス、日本のポートフォリオに5.5MWの稼働中の太陽光発電容量を追加

Posted by

東京、日本- ソネディックス・ジャパン株式会社は、ソネディックスグループの投資を受けて、島根県にある2か所の太陽光発電所、合計5.5MWの取得を完了いたしました。両プラントは2018年に商業運転を開始しています。
ソネディックスグループのCEOであるアクセル・ティーマンは次の通り述べています。

「日本におけるこれら稼働中の太陽光発電所の取得は、ソネディックスの日本市場へのコミットメントを証明する事績であり、また、長期においては、これまでの投資の最適化に資します。 我々はグローバル規模で拡大する機会を積極的に探し続けています。」

 

今回の取得により、ソネディックス・ジャパンが管理する稼働済み発電所の合計発電容量は100MWを超えます。さらにソネディックス・ジャパンは、現在237.8MWの建設中の太陽光発電所を保有しています。また、操業中、建設中及び開発中のものを含めた管理している出力容量の合計は、500MWを超えます。

 

/終わり

 

ソネディックスについて

ソネディックス・パワー・ホールディングス・リミテッド(以下、子会社を含め「ソネディックス」といいます。)は独立系太陽光発電事業者であり、コストパフォーマンスに優れた高性能の太陽光発電所を提供しています。ソネディックスは全世界において太陽光発電所を開発、建設、所有、運営しており、950MW以上の稼働中の太陽光発電所を保有する他、イタリア、フランス、スペイン、米国/プエルトリコ、チリ、南アフリカ、そして日本に、数百MWの太陽光発電所を開発中です。詳しくはwww.sonnedix.comまで。

 

ソネディックス・ジャパン株式会社について

ソネディックス・ジャパンは大規模太陽光発電事業の開発、管理、運営会社であり、ソネディックスの日本におけるパートナーです。詳しくはwww.sonnedix.jpまで。

 

環境影響評価方法書の縦覧について

Posted by

(仮称)大石田町太陽光発電事業に係る環境影響評価方法書の縦覧について

大石田町太陽光発電所合同会社

 

大石田町太陽光発電所合同会社(当社)は、太陽光発電に関する開発プロジェクトの展開を目的として設立された会社であり、ソネディックス・ジャパン株式会社に各々運営管理及び開発業務を委託しています。

この度、山形県環境影響評価条例に基づき、環境影響評価方法書を以下のとおり縦覧いたします。

 

 

【事業者の名称、代表者の氏名及び主たる事務所の所在地】

名 称 大石田町太陽光発電所合同会社

代表者 代表社員 ソネディックス・ジャパン株式会社

職務執行者 影山 友道

所在地 東京都港区芝公園一丁目3番1号 留園ビル6階

 

【対象事業の名称、種類】

名 称 (仮称)大石田町太陽光発電事業

種 類 太陽光発電所の設置の工事の事業

 

【対象事業実施区域】

山形県北村山郡大石田町次年子及び村山市

 

 

【関係地域の範囲】

山形県北村山郡大石田町及び村山市

 

 

【縦覧の場所、期間及び時間】

1.縦覧期間

令和元年8月26日(月)から令和元年9月25日(水)まで

 

 

2.縦覧場所・時間

大石田町役場一階町民ホール 土曜、日曜、祝日を除く

午前9時から午後5時まで

大石田町ふるさと自然館次年子
村山市役所一階市民の部屋
村山市大高根地域市民センター

 

 

【インターネットによる公表】

以下より、環境影響評価方法書及び要約書をご覧いただけます。

 

環境影響評価方法書

要約書

 

環境影響評価方法書は、令和元年8月26日(月)から令和元年9月25日(水)の縦覧期間中において閲覧が可能です。

ただし、ダウンロードして閲覧・印刷することはできません。

 

環境影響評価方法書に掲載される情報(文書、資料、画像等を含む)に関する著作権は、当社、原著作権者、またはその他の権利者に帰属しており、各国の著作権法、各種条約及びその他の法律で保護されています。

個人の私的使用、その他著作権法によって認められる範囲を超えて、著作権者及びその他の権利者の許諾を得ることなく、これらの情報を使用(複製、改変、掲示、配布、サイトへの転載等を含む)することは、著作権法により禁止されておりますので、事前に当社にご連絡の上、許諾を得ていただくようお願いいたします。

閲覧時のブラウザーは、Internet Explorerを推奨します。

 

【ご意見の提出方法】

環境影響評価方法書について環境の保全の見地から意見を有している方は、縦覧場所に備え付けの投函箱又は書簡にて郵送によりご提出下さい。

1.意見書の記載事項

・氏名及び住所(法人その他の団体の場合は、その名称、代表者の氏名及び主たる事務所の所在地)

・提出の対象である環境影響評価方法書の名称

・方法書についての環境の保全の見地からのご意見(日本語により意見の理由を含めて記載して下さい。)

2.意見書の提出期限

令和元年10月9日(水)(当日消印有効)

3.意見書の提出先

〒105-0011 東京都港区芝公園一丁目3番1号 留園ビル6階

大石田町太陽光発電所合同会社 宛

※意見書に記載される個人情報は、本件についてのみ使用し、それ以外の目的には使用致しません。

 

【方法書に関する説明会を開催する日時及び場所】

<第1回>

開催日時:令和元年9月5日(木)午後6時30分から

大石田町ふるさと自然館次年子

<第2回>

開催日時:令和元年9月6日(金)午後1時から

開催場所:大石田町高齢者コミュニティセンター

<第3回>

開催日時:令和元年9月6日(金)午後6時30分から

開催場所:大石田町横山地区総合センター

<第4回>

開催日時:令和元年9月7日(土)午後1時から

開催場所:村山市山の内自然体験交流施設やまばと

<第5回>

開催日時:令和元年9月7日(土)午後6時30分から

開催場所:大石田町虹のプラザ

※各回の説明内容は同じです。

 

 

【公告事項に関するお問い合わせ先】

大石田町太陽光発電所合同会社

電話 03-6402-5428(土曜、日曜、祝日を除く午前10時から午後4時まで。)

環境影響評価書の縦覧について

Posted by

 

(仮称)砂欠山太陽光発電事業環境影響評価書の縦覧について

太陽Reserve3合同会社

 

太陽Reserve3合同会社(当社)は、太陽光発電に関する開発プロジェクトの展開を目的として設立された会社であり、ソネディックス・ジャパン株式会社とGSSG Solerジャパン株式会社に各々運営管理及び開発業務を委託しています。

この度、福島県環境影響評価条例(平成10年12月22日福島県条例第64号)に基づき、環境影響評価書及び要約書を以下のとおり縦覧いたします。

 

 

【事業者の名称、代表者の氏名及び主たる事務所の所在地】

名 称 太陽Reserve3合同会社

代表者 代表社員 Sun Station Hikari VIII Holdings 一般社団法人

職務執行者 宮里 猛

所在地 東京都港区虎ノ門三丁目22番10-201号

 

【対象事業の名称、種類及び規模】

名 称 (仮称)砂欠山太陽光発電事業

種 類 工場又は事業場の用地の造成の事業

規 模 区域面積:121.9 ha

 

【対象事業実施区域】

福島県郡山市逢瀬町夏出字砂欠山1丁目1 外

 

 

【対象事業に係る環境影響を受ける範囲であると認められる地域の範囲】

福島県郡山市

 


【縦覧の場所、期間及び時間】

1.縦覧期間

令和元年6月5日(水)から令和元年7月4日(木)まで

 

 

2.縦覧場所・時間

福島県生活環境部環境共生課

(福島市杉妻町2-16 県庁西庁舎8階)

土曜、日曜、祝日を除く

午前8時30分から午後5時15分まで。

郡山市生活環境部環境政策課

(郡山市朝日1-23-7 本庁舎1階)

郡山市逢瀬行政センター河内連絡所

(郡山市逢瀬町河内字西荒井156)

 

 

【インターネットによる公表】

以下より、環境影響評価書及び要約書をご覧いただけます。

 

環境影響評価書

要約書

 

 

環境影響評価書は、令和元年6月5日(水)から令和元年7月4日(木)の縦覧期間中の同時間帯において閲覧が可能です。

ただし、ダウンロードして閲覧・印刷することはできません。

 

環境影響評価書に掲載される情報(文書、資料、画像等を含む)に関する著作権は、当社、原著作権者、またはその他の権利者に帰属しており、各国の著作権法、各種条約及びその他の法律で保護されています。

個人の私的使用、その他著作権法によって認められる範囲を超えて、著作権者及びその他の権利者の許諾を得ることなく、これらの情報を使用(複製、改変、掲示、配布、サイトへの転載等を含む)することは、著作権法により禁止されておりますので、事前に当社にご連絡の上、許諾を得ていただくようお願いいたします。

閲覧時のブラウザーは、Internet Explorerを推奨します。

 

 

【公告事項に関するお問い合わせ先】

太陽Reserve3合同会社

電話 03-6402-5428(土曜、日曜、祝日を除く午前10時から午後4時まで。)

 

ソネディックス、36.4MWの倉吉メガソーラープロジェクト向けプロジェクトファイナンスによる借入の実現

Posted by

ソネディックス、日本において新たな拡大ステージへ

ソネディックス・ジャパン株式会社は、鳥取県倉吉市における36.4MWの倉吉メガソーラープロジェクトが、三井住友信託銀行株式会社との間で締結された総額約142億円のプロジェクトファイナンスによる借入の実現に至ったことを発表しました。

本プロジェクトは、2018年11月に、建設工事請負事業者であるMaetel Construction Japan株式会社に対して着工通知が出されております。

ソネディックス・ジャパンは、現在日本国内でソネディックス・グループ(ソネディックス)が投資を行う約250MWの運転中若しくは建設中の太陽光発電プロジェクトを管理しており、今後数年以内にソネディックス・ジャパンが管理するプロジェクトの日本国内での発電能力は合計で500MWを超えると見込まれています。 本プロジェクトは、過去12か月以内に着工に至ったソネディックスとしての3つ目のメガソーラー案件となり、2020年半ばの商業運転開始が見込まれています。

ソネディックスのCEOであるアクセル・ティーマンは次の通り述べています。

「倉吉プロジェクトの借入実行は、我々の日本市場への長期に亘るコミットメントにおける最新のマイルストーンであり、また、2018年末に資源エネルギー庁から発表された新規制の影響を受けるプロジェクトに対する、我々の優れた運営管理能力を示すものです。ソネディックス・ジャパンはあらゆる開発段階における質の高い太陽光発電案件の取得を積極的に行っており、今後も継続的な成長を期待しています。」

本プロジェクトには、10万枚を超えるハンファQセルズジャパン株式会社製の345Wp太陽電池モジュール、及び東芝三菱電機産業システム株式会社製のパワーコンディショナー13台が使用される予定です。本プロジェクトは商業運転開始後、約12,000世帯分の消費電力に相当する年間42,000MWhのクリーンな電力を供給する予定です。

 

ソネディックスについて

ソネディックス・パワー・ホールディングス・リミテッド(以下、子会社を含め「ソネディックス」といいます)は独立系太陽光発電事業者であり、コストパフォーマンスに優れた高性能の太陽光発電所を提供しています。ソネディックスは全世界において太陽光発電所を開発、建設、所有、運営しており、現在イタリア、フランス、スペイン、アメリカ/プエルトリコ、チリ、南アフリカ、日本に800MW以上の稼働中の太陽光発電所を保有する他、800MWを超える太陽光発電所を開発中です。詳しくはwww.sonnedix.comまで。

 

ソネディックス・ジャパン株式会社について

ソネディックス・ジャパンは大規模太陽光発電事業の開発、管理、運営会社であり、ソネディックスの日本におけるパートナーです。詳しくはwww.sonnedix.jpまで。