ソネディックス、41.6MWの太陽光発電プロジェクト 栃木県佐野市で商業運転開始

Posted by

世界規模の独立系発電事業者であるソネディックスグループは、日本で太陽光発電事業に取り組むソネディックス・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 影山友道、以下、ソネディックス・ジャパン https://www.sonnedix.jp/)を介して、栃木県佐野市に41.6MW(メガワット)の太陽光発電所建設を完工し、2022年1月5日より商業運転を開始しました。

本プロジェクトは、ソネディックス・ジャパンが開発、融資、建設段階まで一貫して手がけた7件目の大規模太陽光発電事業です。これにより、ソネディックスグループの日本における事業ポートフォリオは333MWp(メガワットピーク)になり、2022年上半期には、更に82MWが商業運転を開始予定です。

本発電所は、最初の1年間で49,000MWhのクリーンエネルギーを生産予定です。これは一般家庭の約11,000世帯分の電力に相当し、年間24,000トンのCO2排出を削減することができます。そして当発電所からの電力は、20年間の長期売電契約(PPA)により販売されます。

この佐野市の発電所の難解な土木工事は、juwi自然電力株式会社(本社:東京都文京区、以下juwi自然電力 https://www.shizenenergy.net/about/juwi-shizen-energy/)によって成功裏に行われ、280Wp(ワットピーク)の京セラ製モジュールと1MWのSMA製インバーターが搭載されています。そして、今後の当発電所の運用と保守はjuwi自然電力が担当します。

ソネディックス・ジャパンはソネディックスのパートナーとして、現在国内各所で500MWを超えるポートフォリオを管理しています。

 

■ソネディックスグループCEO アクセル・ティーマンのコメント

私たちは新年を、ソネディックスの持続可能な成長の更なるサクセスストーリーで始めることができました。日本のポートフォリオに関しては2021年に約170MWを建設し、今年中には新たに4件の太陽光発電所の稼働を計画しています。ソネディックス・ジャパンには、日本のソーラー市場におけるリーディングプレーヤーとしての役割を担うべく、更なる活躍を期待しています。

 

■ソネディックスについて www.sonnedix.com

ソネディックス・パワー・ホールディングス・リミテッド(以下、子会社を含め「ソネディックス」といいます。)は独立系太陽光発電事業者(IPP)であり、コストパフォーマンスに優れた高性能の太陽光発電所を提供しています。ソネディックスは、世界各地で太陽光発電所を開発、建設、所有、運営しており、開発中の2GW以上のパイプラインを含めると、ソネディックスが投資する発電事業の総発電可能容量は5GWになります。OECD諸国には積極的に進出し、現地で既に350か所を超える太陽光発電所を運営しています。また、イタリア、フランス、スペイン、米国/プエルトリコ、チリ、南アフリカ、そして日本において、合計数百MWの太陽光発電所を開発中です。

 

■ソネディックス・ジャパン株式会社について www.sonnedix.jp

ソネディックス・ジャパンは大規模太陽光発電事業の開発、管理、運営会社であり、ソネディックスの日本におけるパートナーです。

ソネディックス、16.4MWの太陽光発電プロジェクトを パイプラインに追加

Posted by

世界規模の独立系発電事業者であるソネディックスグループは、日本で太陽光発電事業に取り組むソネディックス・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 影山友道、以下、ソネディックス・ジャパン https://www.sonnedix.jp/)を介して、Trina Solar International System Business Unit (ISBU) の日本法人 – トリナ・ソーラー・ジャパン・エナジー社から、16.4メガワット(MW)の太陽光発電プロジェクトの買収を完了しました。

本プロジェクトは栃木県にて開発段階にあり、2022年初頭に建設工事に着手し、2023年第3四半期までに商業運転を開始する予定です。

なお 本件取引にて、ソネディックスは長島・大野・常松法律事務所(https://www.noandt.com/)より法務面でのアドバイスを受けました。

ソネディックス・ジャパンはソネディックスのパートナーとして、現在国内各所で500MWを超えるポートフォリオを管理しており、そのうち40MW以上が様々な開発段階にあります。現在も積極的に日本および他のOECD市場でのプラットフォーム拡大の機会を追求しています。

 

■ソネディックスグループCEO アクセル・ティーマンのコメント

当社のプラットフォームが、2013年の日本進出時から信頼をおいてきたソネディックス・ジャパンを通して、継続的に成長していることを大変嬉しく思います。本件は、エネルギー転換を推進し日本市場および世界中で太陽光の利用を広めてゆく、という当社のコミットメントを表すものです。

 

■ソネディックスについて www.sonnedix.com

ソネディックス・パワー・ホールディングス・リミテッド(以下、子会社を含め「ソネディックス」といいます。)は独立系太陽光発電事業者(IPP)であり、コストパフォーマンスに優れた高性能の太陽光発電所を提供しています。ソネディックスは、世界各地で太陽光発電所を開発、建設、所有、運営しており、開発中の2GW以上のパイプラインを含めると、ソネディックスが投資する発電事業の総発電可能容量は5GWになります。OECD諸国には積極的に進出し、現地で既に約350か所の太陽光発電所を運営しています。また、イタリア、フランス、スペイン、米国/プエルトリコ、チリ、南アフリカ、そして日本において、合計数百MWの太陽光発電所を開発中です。

 

■ソネディックス・ジャパン株式会社について www.sonnedix.jp

ソネディックス・ジャパンは大規模太陽光発電事業の開発、管理、運営会社であり、ソネディックスの日本におけるパートナーです。

ソネディックス、187億円超の資金調達完了 福島県郡山市に45MWの太陽光発電所

Posted by

世界規模の独立系発電事業者であるソネディックスグループは、日本で太陽光発電事業に取り組むソネディックス・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 影山友道、以下、ソネディックス・ジャパン https://www.sonnedix.jp/)を介して、福岡銀行をアレンジャーとした地方銀行8行とのシンジケートローン(協調融資)により187億円超の借り入れを実現しました。

これは福島県郡山市にある45メガワット(MW)の太陽光発電所向けの融資となります。なお、当発電所は、ソネディックスが2017年初頭に開発段階で買収しており、2024年初頭の商業運転開始を目指し建設中です。

 

ソネディックス・ジャパンはソネディックスのパートナーとして、現在国内各所で590MWを超えるポートフォリオを管理しており、そのうち300MW以上が現在建設中または様々な開発段階にあります。

 

■ソネディックスグループCEO アクセル・ティーマンのコメント

本件取引は 日本市場に対する当社の更なる長期的コミットメントを表すものです。そして同時に当社の資産を最適化しながら、太陽光の力で明るい未来を築くという目的を共有する地元のパートナー様とのパートナーシップを確立するものになりました。

 

■ソネディックスについて www.sonnedix.com

ソネディックス・パワー・ホールディングス・リミテッド(以下、子会社を含め「ソネディックス」といいます。)は独立系太陽光発電事業者(IPP)であり、コストパフォーマンスに優れた高性能の太陽光発電所を提供しています。ソネディックスは、世界各地で太陽光発電所を開発、建設、所有、運営しており、開発中の2GW以上のパイプラインを含めると、投資する発電事業の総発電可能容量は4.7GWになります。OECD諸国に積極的に進出し、イタリア、フランス、スペイン、米国/プエルトリコ、チリ、南アフリカ、そして日本において既に約350か所の太陽光発電所を運営、合計数百MWの太陽光発電所を開発中です。

 

■ソネディックス・ジャパン株式会社について www.sonnedix.jp

ソネディックス・ジャパンは大規模太陽光発電事業の開発、管理、運営会社であり、ソネディックスの日本におけるパートナーです。

 

ソネディックス、西日本の物流センター屋上に2.5MWの太陽光発電所

Posted by

世界規模の独立系発電事業者であるソネディックスグループは、日本で太陽光発電事業に取り組むソネディックス・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 影山友道、以下、ソネディックス・ジャパン https://www.sonnedix.jp/)を介して、西日本の物流センターに2.5メガワット(MW)の屋上設置型太陽光発電所の運転を開始しました。

この太陽光発電所は、2020年6月に締結された14.5年の長期売電契約(PPA)により年間約3000メガワット時(MWh)のクリーンな電力を供給する予定で、この契約はソネディックス・ジャパンにとって初のコーポレートPPAとなります。

ソネディックス・ジャパンは、ソネディックスのパートナーとして、現在稼働中の16プロジェクト(総発電量290MW)に加え、建設中および開発段階の250MW以上のプロジェクトを管理しています。今後も独立系発電事業者として、日本及びOECD諸国での発電所の取得や開発の機会を探求してまいります。

 

■ソネディックスグループCEO アクセル・ティーマンのコメント

ソネディックス・ジャパンにとって初となる屋上設置型発電プロジェクトの操業開始と、日本で最初の長期的コーポレートPPAの締結を大変嬉しく思っています。さらに、企業スポンサー様と提携し再生可能エネルギーへの転換に向けた目標をサポートできることに、期待を膨らませています。このようなパートナーシップを通じてこそ、私たちは社会の一員としての役割、太陽光の力で明るい未来を築くという目的を果たすことができるのです。

 

■ソネディックスについて  www.sonnedix.com

ソネディックス・パワー・ホールディングス・リミテッド(以下、子会社を含め「ソネディックス」といいます。)は独立系太陽光発電事業者(IPP)であり、コストパフォーマンスに優れた高性能の太陽光発電所を提供しています。ソネディックスは、世界各地で太陽光発電所を開発、建設、所有、運営しており、開発中の2GW以上のパイプラインを含めると、ソネディックスが投資する発電事業の総発電可能容量は4.4GWになります。OECD諸国には積極的に進出し、現地で既に約340ヶ所の太陽光発電所を運営しています。また、イタリア、フランス、スペイン、米国/プエルトリコ、チリ、南アフリカ、そして日本において、合計数百MWの太陽光発電所を開発中です。

 

■ソネディックス・ジャパン株式会社について www.sonnedix.jp

ソネディックス・ジャパンは大規模太陽光発電事業の開発、管理、運営会社であり、ソネディックスの日本におけるパートナーです。

 

 

ソネディックス、223億7,300万円のプロジェクトファイナンスを実現 日立市十王町に55MWの太陽光発電所

Posted by

世界規模の独立系発電事業者であるソネディックスグループは、日本で太陽光発電事業に取り組むソネディックス・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 影山友道、以下、ソネディックス・ジャパン https://www.sonnedix.jp/)を介して、三菱UFJ銀行、常陽銀行、地方銀行7行との間の「プロジェクトファイナンス契約」に基づき、223億7,300万円の借入を実現しました。

これは茨城県日立市十王町にある発電所を対象とする融資となります。なお、当発電所は2017年8月に商業運転を開始、ソネディックス・ジャパンが2020年12月に買収いたしました。
現在、2037年8月まで固定価格買取制度に基づく売電契約を締結しています。

ソネディックス・ジャパンは、ソネディックスのパートナーとして、現在国内で最大出力288MWの太陽光発電所を管理運営し、更には304MWを視野にいれ、国内各地で発電所の開発、建設に着手しています。

 

ソネディックスグループCEO アクセル・ティーマンのコメント

本件取引は、日本市場に対する私たちの更なるコミットメントを示すものです。また、当社が持続的な成長を続けながら資産の最適化を図ると同時に、事業展開をする地域社会において企業市民としての役割を果たすことを可能にしてくれます。

 

ソネディックスについて www.sonnedix.com

ソネディックス・パワー・ホールディングス・リミテッド(以下、子会社を含め「ソネディックス」といいます。)は独立系太陽光発電事業者(IPP)であり、コストパフォーマンスに優れた高性能の太陽光発電所を提供しています。ソネディックスは、世界各地で太陽光発電所を開発、建設、所有、運営しており、開発中の約2GWを含めると、ソネディックスが投資する発電事業の総発電可能容量は3.9GWになります。OECD諸国に積極的に進出し、現地で既に320か所以上の太陽光発電所を運営しています。また、イタリア、フランス、スペイン、米国/プエルトリコ、チリ、南アフリカ、そして日本において、合計数百MWの太陽光発電所を開発中です。

 

ソネディックス・ジャパン株式会社について www.sonnedix.jp

ソネディックス・ジャパンは大規模太陽光発電事業の開発、管理、運営会社であり、ソネディックスの日本におけるパートナーです。