ソネディックス、2件で34.5MWの太陽光発電プロジェクト 三菱UFJ銀行を主幹事に資金調達を完了

Posted by

世界規模の独立系発電事業者であるソネディックスグループは、日本で太陽光発電事業に取り組むソネディックス・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 影山友道、以下、ソネディックス・ジャパン https://www.sonnedix.jp/)を介して、株式会社三菱UFJ銀行を主幹事とした総額132億4700万円(9730万ユーロ)の融資について、ファイナンスクローズを達成しました。

これは石川県の花見月(18.1 MWp)と、栃木県の茂木(16.4MWP)の2件の太陽光発電プロジェクトへの融資となります。

なお、花見月プロジェクトはThai Solar Energy 社から 2022年第1四半期に稼働段階で取得し、茂木プロジェクトはトリナ・ソーラー・ジャパン・エナジー株式会社(本社:東京都港区、http://www.trinasolar.com/jp/our-company/trinasolar-japan)国際システム事業部(ISBU)から2021年末に取得後、2022年1月に建設を開始しました。

 

■ ソネディックスグループ CEO アクセル・ティーマンのコメント

私たちは、日本での我々の事業の目覚ましい成長を大変誇りに思っています。この地で信頼のおける独立系太陽光発電業者(IPP)としての地位を確立し、三菱UFJ銀行様などの金融機関と堅固なパートナーシップを築くことは、今後の継続した太陽光発電所の建設と運営を可能にし、日本のエネルギー転換を大きく推進することに繋がるでしょう。

ソネディックス・ジャパンは、ソネディックスのパートナーとして、現在国内各所で開発・建設中のプロジェクトを含め、約0.5GWのポートフォリオを管理しています。

 

■ ソネディックスについて https://www.sonnedix.com

ソネディックス・パワー・ホールディングス・リミテッド(以下、子会社を含め「ソネディックス」といいます。)は独立系太陽光発電事業者(IPP)であり、コストパフォーマンスに優れた高性能の太陽光発電所を提供しています。ソネディックスは、世界各地で太陽光発電所を開発、建設、所有、運営しており、開発中の   4GW以上のパイプラインを含めると、ソネディックスが投資する発電事業の総発電可能容量は6GW以上になります。OECD諸国には積極的に進出し、現地で約400か所の太陽光発電所を運営しています。また、チリ、フランス、ドイツ、イタリア、ポーランド、スペイン、南アフリカ、米国、英国、そして日本において、合計数百MWの太陽光発電所を開発中です。

 

■ ソネディックス・ジャパン株式会社について https://www.sonnedix.jp

2013年に設立されたソネディックス・ジャパンは、日本のメガソーラープロジェクトの開発、資産管理、運営を行っており、ソネディックスグループが日本で行う投資事業のパートナーです。現在、国内で20か所の稼働中の太陽光発電所を含め、約500MWの発電容量を有しています。

 

ソネディックス、日本において初のポートフォリオファイナンスを実現  本年4基目の太陽光発電所を商業運転開始

Posted by

世界規模の独立系発電事業者であるソネディックスグループは、日本で太陽光発電事業に取り組むソネディックス・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 影山友道、以下、ソネディックス・ジャパン https://www.sonnedix.jp/)を介して、株式会社伊予銀行と総額7億6500万円のファイナンスクローズを達成しました。本件は合計2.8 MWp(メガワットピーク)の高圧太陽光発電所2基のポートフォリオに適用されます。

この2件のプロジェクトは鳥取県と静岡県に所在し、2021年後半にトリナ・ソーラー・ジャパン・エナジー株式会社(本社:東京都港区、http://www.trinasolar.com/jp/our-company/trinasolar-japan )の国際システム事業部(ISBU)から取得しました。その時点で、鳥取県米子市の発電所はすでに稼働段階、静岡県浜松市の発電所は建設中であり、2022年3月に商業運転を開始しました。

 

■ ソネディックスグループ CEO アクセル・ティーマンのコメント

当社の日本での持続的成長は大変喜ばしいものです。信頼できるパートナーであるソネディックス・ジャパンを通じて2013年に進出以来、今や日本はソネディックスグループ全体で3番目に大きなポートフォリオになりました。今後も稼働中および開発中のプロジェクトの取得を通し、日本での太陽光発電プラットフォームを更に成長させる機会を追求していきます。

 

ソネディックス・ジャパンは、ソネディックスのパートナーとして、現在国内各所で開発中のパイプラインと建設中のプロジェクトを含め、約500MWのポートフォリオを管理しています。

■ ソネディックスについて https://www.sonnedix.com

ソネディックス・パワー・ホールディングス・リミテッド(以下、子会社を含め「ソネディックス」といいます。)は独立系太陽光発電事業者(IPP)であり、コストパフォーマンスに優れた高性能の太陽光発電所を提供しています。ソネディックスは、世界各地で太陽光発電所を開発、建設、所有、運営しており、開発中の    4GW以上のパイプラインを含めると、ソネディックスが投資する発電事業の総発電可能容量は6GWになります。OECD諸国には積極的に進出し、現地で約400か所の太陽光発電所を運営しています。また、チリ、フランス、ドイツ、イタリア、ポーランド、スペイン、南アフリカ、米国、英国、そして日本において、合計数百MWの太陽光発電所を開発中です。

 

■ ソネディックス・ジャパン株式会社について https://www.sonnedix.jp

2013年に設立されたソネディックス・ジャパンは、日本のメガソーラープロジェクトの開発、資産管理、運営を行っており、ソネディックスグループが日本で行う投資事業のパートナーです。現在、国内で20か所の稼働中の太陽光発電所を含め、約500MWの発電容量を有しています。

 

 

ソネディックス、18MWの太陽光発電ポートフォリオを取得 国内稼働容量417.5MWを達成

Posted by

世界規模の独立系発電事業者であるソネディックスグループは、日本で太陽光発電事業に取り組むソネディックス・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 影山友道、以下、ソネディックス・ジャパン https://www.sonnedix.jp/)を介して、Thai Solar Energy社より18.11MW(メガワット)の太陽光発電プロジェクトを取得しました。

本プロジェクトは地上設置型太陽発電設備で、石川県のかつての耕作放棄地に設置され、日本の再生可能エネルギーの固定価格買取制度を利用して2019年1月より稼働しています。

 

なお、本件においてソネディックスは長島大野常松法律事務所から、Thai Solar Energy社はKrungthai Zmico Securitiesからの助言を受けました。

 

■ソネディックスグループCEO アクセル・ティーマンのコメント

私たちは、稼働中および開発中プロジェクトの取得を通して、日本での太陽光発電プラットフォームを成長させています。本件は、当社が2013年に日本参入以来、信頼を置いているパートナーであるソネディックス・ジャパンを通して事業展開をしてきた日本市場への、私たちのコミットメントを示すものです。

ソネディックス・ジャパンは、ソネディックスグループのパートナーとして、現在国内各所で480MWを超えるポートフォリオを管理しています。ソネディックスグループは世界8ヶ国で事業展開をしており、今後も日本や他のOECD諸国で積極的に太陽光発電プラットフォームの取得、開発の機会を探求していきます。

 

■ ソネディックスについて https://www.sonnedix.com

ソネディックス・パワー・ホールディングス・リミテッド(以下、子会社を含め「ソネディックス」といいます。)は独立系太陽光発電事業者(IPP)であり、コストパフォーマンスに優れた高性能の太陽光発電所を提供しています。ソネディックスは、世界各地で太陽光発電所を開発、建設、所有、運営しており、開発中の   2.7GW以上のパイプラインを含めると、ソネディックスが投資する発電事業の総発電可能容量は5GWになります。OECD諸国には積極的に進出し、現地で既に370か所を超える太陽光発電所を運営しています。また、イタリア、フランス、ドイツ、スペイン、米国、チリ、南アフリカ、そして日本において、合計数百MWの太陽光発電所を開発中です。

 

■ソネディックス・ジャパン株式会社について https://www.sonnedix.jp

2013年に設立されたソネディックス・ジャパンは、日本のメガソーラープロジェクトの開発、資産管理、運営を行っており、ソネディックスグループが日本で行う投資事業のパートナーです。現在、国内で19か所の稼働中の太陽光発電所を含め、約500MWの発電容量を有しています。

 

 

ソネディックス、40MWの太陽光発電プロジェクト 福島県相馬市で商業運転開始 国内稼働率400MWを達成

Posted by

世界規模の独立系発電事業者であるソネディックスグループは、日本で太陽光発電事業に取り組むソネディックス・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 影山友道、以下、ソネディックス・ジャパン https://www.sonnedix.jp/)を介して、2022年2月23日より、福島県相馬市に40MW(メガワット)の太陽光発電所の商業運転を開始しました。

本プロジェクトは、ソネディックス・ジャパンが開発、融資、建設段階まで一貫して手がけた9件目の大規模太陽光発電事業です。これにより、ソネディックスグループの日本におけるポートフォリオは400MWp(メガワットピーク)になりました。なお、本件は当社が2022年に入り商業運転を開始した3件目のプロジェクトになります。

本発電所は、初年度に48,000MWhを超えるクリーンエネルギーを生産予定です。これは一般家庭11,000世帯以上への電力供給量に相当し、年間23,000トンを超えるCO2排出の削減につながります。そして当発電所からの電力は、長期売電契約(PPA)により販売されます。

なお本件は、大和ハウス工業株式会社(本社:大阪府大阪市、https://www.daiwahouse.com/)との3件目のEPC契約提携になります。プラントの構成は400Wp(ワットピーク)のHanwha製単結晶パネルと2.5MWのTMEIC製PCSであり、大和ハウス工業株式会社は、今後の当発電所の運用と保守も担当します。

 

■ソネディックスグループCEO アクセル・ティーマンのコメント

当社の日本における成長戦略において、400MWの運開容量を達成したことは 特筆すべきマイルストーンになりました。そして、我々はこの節目をまたすぐに上回ろうとしています。
ソネディックスは日本市場に尽力し、これからもグローバルな足跡を広げ、エネルギー転換を推進する機会を積極的に探求し続けます。

ソネディックス・ジャパンは、ソネディクスグループのパートナーとして、現在国内各所で開発中や建設中の案件も含め、約500MWのポートフォリオを管理しています。

 

■ソネディックスについて https://www.sonnedix.com

ソネディックス・パワー・ホールディングス・リミテッド(以下、子会社を含め「ソネディックス」といいます。)は独立系太陽光発電事業者(IPP)であり、コストパフォーマンスに優れた高性能の太陽光発電所を提供しています。ソネディックスは、世界各地で太陽光発電所を開発、建設、所有、運営しており、開発中の   3GW以上のパイプラインを含めると、ソネディックスが投資する発電事業の総発電可能容量は6GWになります。OECD諸国には積極的に進出し、現地で既に350か所を超える太陽光発電所を運営しています。また、イタリア、フランス、ドイツ、ポーランド、スペイン、米国、チリ、南アフリカ、そして日本において、合計数百MWの太陽光発電所を開発中です。

 

■ソネディックス・ジャパン株式会社について https://www.sonnedix.jp

2013年に設立されたソネディックス・ジャパンは、日本のメガソーラープロジェクトの開発、資産管理、運営を行っており、ソネディックスグループが日本で行う投資事業のパートナーです。現在、国内で17か所の稼働中の太陽光発電所を含め、約500MWの発電容量を有しています。

 

ソネディックス、26.5MWの太陽光発電プロジェクト 岩手県山田町で商業運転開始

Posted by

世界規模の独立系発電事業者であるソネディックスグループは、日本で太陽光発電事業に取り組むソネディックス・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 影山友道、以下、ソネディックス・ジャパン https://www.sonnedix.jp/)を介して、岩手県山田町に26.5MW(メガワット)の太陽光発電所建設を完工し、2022年1月31日より商業運転を開始しました。

本プロジェクトは、ソネディックス・ジャパンが開発、融資、建設段階まで一貫して手がけた8件目の大規模太陽光発電事業です。これにより、ソネディックスグループの日本におけるポートフォリオは360MWp(メガワットピーク)となり、2022年上半期には、更に55MWが商業運転を開始予定です。

本発電所は、初年度に33,000MWhのクリーンエネルギーを生産予定です。これは一般家庭7,500世帯以上への電力供給に相当し、年間16,000トン以上のCO2の排出を削減することができます。そして当発電所からの電力は、18年以上の長期売電契約(PPA)により販売されます。

なお本件は、juwi自然電力株式会社(本社:東京都文京区http://www.shizenenergy.net/about/juwi-shizen-energy )との2件目のEPC契約提携になります。プラントの構成は400Wp(ワットピーク)のJA Solar製単結晶パネルと3.2MWのTMEIC製インバーターであり、今後の当発電所の運用と保守はjuwi自然電力オペレーション株式会社が担当します。

 

■ソネディックスグループCEO アクセル・ティーマンのコメント

日本では2022年の上半期に更に2基の大規模太陽光発電所を稼働予定です。これは2021年の事業拡大に続くもので、我々の太陽光プラットフォームの継続的な成長を示しています。こうした事業は日本での当社のコミットメントの証です。これからも、グローバルな足跡を広げ、エネルギー転換を推進する機会を積極的に模索し続けます。

 

ソネディックス・ジャパンは、ソネディクスグループのパートナーとして、現在国内各所で約500MWのポートフォリオを管理しています。

 

■ソネディックスについて https://www.sonnedix.com

ソネディックス・パワー・ホールディングス・リミテッド(以下、子会社を含め「ソネディックス」といいます。)は独立系太陽光発電事業者(IPP)であり、コストパフォーマンスに優れた高性能の太陽光発電所を提供しています。ソネディックスは、世界各地で太陽光発電所を開発、建設、所有、運営しており、開発中の   3GW以上のパイプラインを含めると、ソネディックスが投資する発電事業の総発電可能容量は5GWになります。OECD諸国には積極的に進出し、現地で既に350か所を超える太陽光発電所を運営しています。また、イタリア、フランス、スペイン、米国/プエルトリコ、チリ、南アフリカ、そして日本において、合計数百MWの太陽光発電所を開発中です。

 

■ソネディックス・ジャパン株式会社について https://www.sonnedix.jp

2013年に設立されたソネディックス・ジャパンは、日本のメガソーラープロジェクトの開発、資産管理、運営を行っており、ソネディックスグループが日本で行う投資事業のパートナーです。現在、国内で17か所の稼働中の太陽光発電所を含め、約500MWの発電容量を有しています。